プラスないん!

暇を持て余した理系大学院生のブログ。

学生なのに「Amazon Prime Student」の資格が失くなった件。

先日「ネットの月額料金が怖い」という記事を書かせてもらいました。

 

plusnine-chelone.hatenadiary.com

 

一昨日ふとAmazonの会員情報を見たら、いつの間にかプライム会員になってました。プライムスチューデントもプライム会員として表示されるのかと思ったのですが、どうも違う模様。次回の支払いも3900円になっています。

 

こんな記事書いた後にいきなりホットな事件が起こるとは思いませんでした。これだからネットの月額料金はわかりにくくて怖い。半分冗談ですけどね!

 

メールを確認してみたらちゃんと終了メールが来ていた。

登録用メールアドレスとして捨てアド化しているヤフーメールを確認しました。すると2月にこんなメールが。

 

[至急ご対応ください] Prime Student 会員資格がまもなく終了いたします

Prime Studentをご利用いただき、ありがとうございます。このままですと、お客様のPrime Student会員資格は2018/04/09に終了してしまいます。学生証明書を提出いただくだけで、もう1年プライムの半額の年会費でプライム特典をお楽しみいただけます。こちらのリンクから2018/06/08までに会員資格の延長手続きを行ってください。
会員資格の延長確認後、引き続き\ 1,900(月換算159円)で、映画見放題、音楽聴き放題、本読み放題、お急ぎ便使い放題などのプライム特典や、Student会員限定の特典を最大4年間ご利用いただけます。
延長しない場合は、お客様のPrime Student会員資格はAmazonプライム会員資格に自動的に切り替わり、引き続き、お急ぎ便やプライム・ビデオ、Prime Music、Prime Reading、Kindleオーナーライブラリー、プライム・フォト、プライム会員限定先行タイムセール、Amazon定期おトク便のおまとめ割引など、さまざまな特典を追加料金なしで無制限にご利用いただけます。なお、Amazonプライム会員に切り替わった時点で、ご登録のクレジットカードにAmazon プライム年会費 \ 3,900(税込)を請求させていただきます。

 

 ちゃんとメール来てました。私が確認しなかったのが悪うございます。6/8を完全に逃しています。けど自動的にプライム会員に切り替わるのはどうなの?

 

とりあえず年間更新を解約しました。今年中は使えるみたいなのでよかったです。たまにこういうサービスは解約した瞬間に使えなくなるのがあるので。

 

ところでプライムスチューデントの期間は無料期間合わせて4年半だそうです。正直プライムスチューデントに登録した日を覚えていませんが、正直4年半も経っていないと思うのですが。プライムスチューデント登録日をアカウントで確認できればいいのですが…。

 

メールによると学生証明書を提出していたら大学院を卒業するまではプライムを半額で使えていたことになります。期限を過ぎておりますが。そこでダメ元で問い合わせをしてみました。

 

返答がちぐはぐの問い合わせ対応。

最初の問い合わせメールには、①延長手続きを見逃してしまったこと②大学に在籍中だけど使えないのか、といった内容を送りました。ほんとは電話かチャットがいいのですが、時間がなくメールにしました。メールだと内容を整理する時間がとれるのでいいですね。

 

最初の返信には「今回の状況でお客様はPrime Studentへの再登録が可能です。」との返答をもらいました。「お、ラッキー♪」と思って再登録のリンクを踏むと「ノーオファーが利用できます」との表示がされ追い返されました。何回かやっても同じです。ということでもう一回問い合わせしてみました。なんか表示されて登録できませんよーという内容です。

 

しかし2回目の返信で、会員期間の4年半を使い切ったのでもう登録できませんよと言われました。

 

いやいや、延長できるっていうメール送ったでしょ!?

ということでまた問い合わせをしました。別にクレーマーみたいなことをしたいわけじゃないんだけどなぁと思いつつ、わかりやすいように延長手続きのメールにも触れてメールしました。①「延長手続きをしてください」というメールが届いていたということと、②それによると延長できるって書いてあったけど、4年半経っていてもできるのかという内容です。

 

3回目の返信ではこのような返答をいただきました。

 

「Prime Student会員期間は最長4年半です。6年制大学や4年以上在籍している場合も延長や再登録はできません。2月に『2018/06/08までに会員資格の延長手続きを行ってください。 』のメールは、Amazonプライム会員に切り替えをお知らせするメールです。メール確認してね。」

 

要約するとこんな感じです。まず、プライム会員に切り替えするメールではないですよね。延長しない場合はプライム会員に切り替わるっていうだけで。

 

まあ忙しいのはわかるのですが、会員情報くらい見てほしいなあと思いました。実際に私のアカウントが4年半経っているという記述もありませんし。この日はもういいかと思って諦めました。

 

後日、時間があるときに詳細な問い合わせメールを送りました。まず、①私のアカウントが4年半の期間を終了しているのか。②2月のメールについて齟齬があること。③6/8に間に合わなくてすみませんでした。④それらを踏まえてプライムスチューデントを継続できるのか。

 

②についてはメールの本文をそのまま載せました。

 

そして4回目の返信です。

 

「お客様のPrime Studentは2年しか使われていませんでした。安心して継続できます。このアドレスに学生証を送ってください。確認ができしだい再登録します。」

 

やっと思っていたような返答が得られました。こちらも誠意をもって詳細に書かないとダメということですね。ちなみに担当者が変わっていました。

 

どうやら継続できるようです。やっぱり4年も経ってなかったじゃねえか。

 

まとめ

そういうことでネットのサービスは相手が見えないので怖いですね。諦めてプライム会員を解約するところでした。アカウントを確認してもらうのに何回もやり取りをすることになってしまいました。別にクレーマーになったつもりはないのですが。

 

おそらく登録していた学部時代のメールアドレスが潰れたかなんかして、もう在学していないと思われたのでしょう。今回の結果から、4年半経っていなければ大学院生でも継続ができるということがわかったのではないでしょうか。

 

アマゾンスチューデントのサービスは安いうえに色んな利点があるのでぜひとも継続して使いたいところ。唯一のネットのサービス契約が失くならなくてよかったです。

 

追記:2018/08/30

学生証の写真送ったら、またもや別の担当者から4年半の会員資格がどうたらで登録できないとの返答が来ました。担当者によっていうことが違いすぎてもう何がなんだかですね。おかげでタイトル変えるハメになりました。

 

追記:2018/09/01

電話で問い合わせしたら、詳細省きますけど再登録できました。電話だとちゃんと調査してくれたので、メールで埒が明かないようでしたら電話しましょう。